資格取得に必要な費用は補助金を活用

自分が考えている人生設計や今後のキャリアのために、新しく資格を取得したいと考えている方は増えてきています。TOEICや日商簿記検定、秘書検定といった人気の高い資格を取得すると、仕事によっては資格手当がつくので収入がアップしたり、転職活動をする際に有利になるメリットがあります。他にも仕事の幅が広がるのでスキルアップや、昇進の可能性が上がるなどデメリットはほとんどありません。

しかし仕事をされている社会人にとって、空いた時間を利用して資格取得をするために必要な時間や労力、そして合計的な費用はどれくらいになるのかしっかり把握しておくことが、短期間で効率よく資格を取得する近道となります。

取得する上でかかる費用は試験を受ける際の受験料だけではなく、参考書や問題集といった教材費や講義やセミナー料金、試験会場までの交通費などがかかってきます。一般的な人気の高い資格の場合は、日商簿記3級なら平均で39,660円、MOSExcelSP)であれば平均で119,744円、宅建なら平均で209,240円と受ける試験の種類によっても費用は大きく異なります。

取得までの費用が高くなってしまうのは、独学では非常に難しく講義やセミナーに参加する人が多いことも影響しています。そこで資格取得費用を作る方法として会社負担や公的補助を利用する方が増えてきています。会社負担や会社補助は福利厚生の一環として資格取得にかかる費用の補助と、試験日は公休にできる制度もあるので、会社側に相談をしてみると自分で費用を出す必要が無くなる可能性が高いです。

職業安定所が提供する『教育訓練給付金』を利用するなど、公的機関からの補助が利用できる可能性もあります。ただこの制度には、教育訓練給付金が出る内容に制限がある場合が出てくるので、公的機関からの補助の利用を検討している方は、職業安定所に相談をして自分が補助を受けられるのか確認を行いましょう。

ニッピコラーゲン100の効果